TOPニュース

ニュース

YKK AP が考える未来窓「M・W」の
次世代モデル開発パートナーとして㈱Will Smart が選ばれました。

2017年04月11日

株式会社Will Smart(ウィルスマート本社:東京都中央区、代表取締役社長:石井康弘)は、YKKAP株式会社が企画する、コンセプトモデル “未来窓「M.W(ムー)http://module-window.jp/」“の次期コンセプトモデル開発パートナーとして選ばれました。

「M.W」は、窓枠をなぞったり窓ガラスに手をかざしたりすることで操作が可能で、窓がディスプレイになり、その日の天気、花粉の飛ぶ量、紫外線の強さ、テレビなどを映すことができ、また、外の暗さに応じてブラインドやカーテンの映像を映すことも可能な“未来の窓を考えて形にするプロジェクト”『未来窓』のコンセプトモデルとして、2016年に発表されたものです。今回の取り組みは、そのコンセプトモデルをより進化させるべく、新たな部品群や機能を加えて刷新した次世代モデルの開発となります。

当該開発は現在進行中で内容については今後開示予定となりますが、新たな機能を加えて刷新した次世代コンセプトモデルの開発となります。

数年後の実用化を目指し、YKK AP株式会社のパートナーとして、弊社が有する液晶技術、組み込み系ソフトウェア技術等を駆使し、その実現に貢献していきます。

参考情報:未来窓「M.W」のイメージ

【株式会社Will Smartについて】

株式会社Will Smartは、株式会社ゼンリンデータコムの社内ベンチャー企業として2012年に誕生しました。
IoTハードウェアの企画開発製造と、ゼンリングループが得意とする地図データを活用したソフトウェアを組み合わせ、クライアント企業に最適なビジネスソリューションを提供する、21世紀の新しいMakerです。

多言語対応のタッチパネル式デジタルサイネージを公共交通機関に提供するなど、インバウンド旅客やバリアフリー構想に対応したサイネージコミュニケーションに技術提供しています。

■自社開発デジタルサイネージ製品

当社がハードウェアの企画開発を行った自社製品になります。独自開発の技術により滑らかな操作感を実現し、まるでスマートフォンをそのまま大画面で操作しているようなタッチレスポンスの良さを生み出しました。
大型のタッチパネルを用いた自立式デジタルサイネージが当社製品の特長です。また、Android OS搭載のPC(STB)の製造販売も行っています。
また独自技術でスマートフォン向けアプリを大画面操作いただくことも可能です。

■観光ソリューション(多言語対応)

周辺の地図や施設情報を4カ国5言語で表示可能。ルート検索や乗換案内機能も搭載したパッケージ型Webサービスです。
本サービスを活用いただくことで、サーバー構築やWEBサービスの構築といった手間とコストが省け、スピーディーかつローコストで外国人向けの周辺案内ツールの構築が可能になります。

■配信管理システム「Will-Sign」

デジタルサイネージの配信設定を誰でも直感的に操作できるよう開発したシステムです。
1つのディスプレイ画面に形式の異なる複数のコンテンツを同時に表示する等、好きなレイアウトで表示できる他、カスタマイズにも柔軟に対応しています。

株式会社Will Smart 会社概要

会社名 : 株式会社Will Smart(http://willsmart.co.jp/)
本社 : 東京都中央区東日本橋2-4-1アドバンテージⅠビル5階
代表者 : 代表取締役社長 石井 康弘
設立 : 2012年12月12日
資本金 : 186,000,000円
事業内容 :インターネットに接続するハードウェアの企画製造販売
クラウドサービスによるシステム開発
インバウンド向け地図等コンテンツの企画開発および配信
企業広告や商品販促用コンテンツの企画制作および配信

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社 Will Smart 営業部 堀切・高野
TEL:03-5839-2506
e-mail:info@willsmart.co.jp

【報道機関からのお問合せ先】
株式会社 Will Smart 経営企画部 楡金(にれがね)
TEL:03-5839-2506
e-mail:info@willsmart.co.jp

ニュース
  • タッチサイネージ
  • フェイスブック
  • デカスマホ