TOPニュース

ニュース

デジタルサイネージ事業会社「株式会社 Will Smart」を設立

2012年12月12日

株式会社ゼンリンデータコム

 株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水辰彦 以下、ゼンリンデータコム)は、2012年12月12日(水)付で、デジタルサイネージ事業会社「株式会社 Will Smart」を設立いたしましたのでお知らせいたします。

設立の目的

ゼンリンデータコムはこれまで、2012年7月の東京モノレール羽田空港国際線ビル駅での実証実験を皮切りに、大日本印刷との業務提携など、デジタルサ イネージを活用したソリューションサービス事業の推進を行ってきました。現在デジタルサイネージの市場は、スマートフォンに代表されるタッチパネル式ディ スプレイの普及、アンドロイドなどの普及OSの登場など、それまでの広告表示を中心とした目的のみならず、多様な用途での展開がはじまっており、今後もさ らに急速なスピードで多方面に発展していくと考えられます。
このような市場環境をふまえ、当社は、デジタルサイネージを活用したソリューション事業のさらなる発展を目指すべく、新たに事業会社を設立し、その発展に尽力していきます。

会社概要
会社名 株式会社 Will Smart (英文表記:Will Smart Co., LTD.)
代表者 東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビタワー22F
代表者 和田 幸平
資本金 51,000,000円
株主構成 株式会社ゼンリンデータコム 100%
設立日

2012年12月12日(水)

事業内容

デジタルサイネージを活用したソリューションサービスの提供。
デジタルサイネージ機器の企画製造販売、デジタルサイネージ向け地図等のコンテンツの企画開発および配信、企業広告や商品販促用コンテンツ企画制作および配信をいたします。

今後の展開

株式会社Will Smartはオリジナル機器の製造からオリジナルコンテンツの開発までを行うことができます。その強みを活用し、鉄道事業者様などの公共機関向けのソリューションや、小売流通業やメーカー様などの商用向けのソリューションなど多様な展開を積極的に行ってまいります。 また、日本だけにとらわれず海外での事業展開も積極的に推進していく予定です。
なお、2012年7月に当社が大日本印刷株式会社および韓国のフィンガータッチインターナショナル社と締結した業務提携は新会社設立後も継続し、3社で新会社の事業推進に協力していきます。

ニュース
  • タッチサイネージ
  • フェイスブック
  • デカスマホ