TOPサービス多言語コンシェルジュサービス「Smart-Com」

サービス

多言語コンシェルジュサービス「Smart-Com」

業界初の地図&多言語コールセンター連動型サービス


ゼンリンデータコムの地図ナビゲーションと
ブリックスの高品質な多言語コールセンターを合わせた
コンテンツと専用ハードウェアが一体となった観光業界初の新サービスです。




サービスの沿革・概要

2013年、外国人観光客の来訪数は初めて1,000万人の大台を突破しました。
2020年の東京オリンピック開催決定も後押しし、更に外国人観光客誘致の機運が高まる一方で
彼らに快適に日本を楽しんでもらえるソリューションへのニーズも日増しに高まってきています。

そんな中WillSmartは
周辺案内を中心とした多言語地図ナビゲーションと
更に日・英・韓・中の4カ国語で行き先案内が受けられる多言語コールセンターを
高次元で組み合わせた新サービスを開始致します。

当サービスは周辺案内のための通訳者の雇用に比べ、コストの抑制はもちろんのこと、
旅客に向けた一定したサービス品質の提供、利用履歴や操作ログなどの定量的なデータの保存も可能となり
導入する側にとっても多大なメリットを発揮します。

もちろんコールセンターは365日24時間対応です。

また、お客様さまご自身で周辺地図上の特定施設の強調表示ができる機能や
コールセンターのオペレーターが遠隔で設置端末の操作ができる機能もあり
きめ細やかなサービスを提供することが可能です。



①まずはセルフで 多言語地図ナビゲーションの概要
スムーズなタッチパネルでお好きな箇所を自由に閲覧することができます。

1 プレミアム枠
キャンペーンや広告等の強調表示を行う表示枠で
HTML、動画、静止画で制作が可能です。


2 地図枠
日・英・韓・中の4言語対応をした地図で
端末設置場所周辺の地図を表示します。
ゼンリンが保有する施設データを活用した施設検索が可能で
指定の目的地までの歩行者ルートナビゲーション機能を
搭載しています。
路線図や観光情報などの付加情報の追加ができます。




3 ローカル枠
地図上にある施設(観光スポットなど)を強調表示する枠で
タッチした施設の場所とそこまでの歩行ルートを表示します。
観光地マップなどでの施設案内にご活用頂けます。







②地図ナビだけで解決できない時は・・・多言語コールセンターの特徴
地図ナビゲーションだけでは目的地がわからない時には、多言語コンシェルジュがご対応いたします。


充実の4ヶ国語対応
日本語、英語、韓国語、中国語の4カ国語で対応が可能です。




24時間、365日対応
新宿本社内の多言語コンタクトセンターにて一元管理しており
クオリティーの安定、統一した対応体制でサービスを提供いたします。



センタークオリティー
採用時、採用後の徹底した研修カリキュラムにより
高いクオリティーを提供いたします。



圧倒的な低価格
シェア型のサービス提供により、安価にてサービスを提供いたします。





豊富な通訳実績
官庁、自治体及び大手民間企業と、多数の取引実績があります。






※多言語コールセンターについては、 当社業務提携企業である株式会社ブリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉川健一)によるサービス提供となります。



導入メリットについて
  • 観光地の回遊性向上!

    deka1_r1_c1

  • コストパフォーマンスの向上!

    deka1_r1_c3

  • 利用履歴データの活用!

    deka1_r1_c5



観光地の回遊性向上
導入先のお客様さまご自身で周辺地図上の特定施設の強調表示ができる機能を活用することで
オリジナル観光地図の制作が可能になり、観光地の回遊性向上につながります。
たとえば、おすすめの免税店だけを紹介した免税店MAPや、紅葉の時期のおすすめスポットだけを紹介した紅葉MAPなど
テーマ性を持った企画を実現可能です。もちろん多言語で紹介することも可能です。



コストパフォーマンスの向上
たとえば、観光案内を日・英・中・韓国語を話せるスタッフで対応しようとすると最低でも
月間100万円以上の人件費が必要となります。
さらに、教育に関わる費用や退職リスクなどを考慮する必要がございます。
一方、ボランティアでその業務を担うことも、人材供給面、労働制約面などから
安定的かつ長期的なサービス供給という点で、 懸案が生じます。

それらの課題を当社のSmart-Comは解決いたします。

人件費に比べ安価な金額、安定的なサービスレベル、365日24時間サービス提供可能、更に接続端末台数を増やすことで
1台あたりのコストは下がります。



利用履歴データの活用
多言語地図ナビゲーションの操作履歴、コールセンターへの問い合わせ内容といった旅行者の情報検索履歴データの取得が可能です。
観光客が検索した訪問先等、細かな嗜好データから観光推進策に活用いただけます。



ご利用イメージ

《設置候補場所》
駅や観光案内所などの観光客が立ち寄る場所に最適です。
ホテルやカフェなども推奨できます。
流動性が高すぎる場所(駅の改札付近等)は避け、人の流れが滞留しやすい場所が望ましいです。
アイキャッチや注目度向上のため、数台まとめて同じ場所に設置されることを推奨いたします。(上図ご参考)







詳細はお気軽にお問い合わせください。
詳しくはこちら

サービス
ソリューション プランニング
観光ソリューション
イベント・プロモーション
配信ソリューション
システム開発/ハードウェアOEM
WillSmart Lab プロトタイプサービス
  • タッチサイネージ
  • フェイスブック
  • デカスマホ