経理以外の業務も兼務するなかで
様々なことを吸収したい。

荒川 舞

コーポレート本部

荒川 舞

Q1

Will Smartに入社してからはどのような業務を担当しましたか?

Will Smartに入社してすぐ開発部門の事務を担当しました。主な業務として原価や在庫管理、請求書や納品書の管理などの事務作業をしておりました。開発事務を1年経験したあと経理部門へ異動となり、現在は経理部門と情報システム部門を兼務しております。経理部では、主に月次決算に関わる経費部分などを担当しております。情報システム部では、社内システムの導入やセキュリティ対策などを行っております。

Q2

やりがいを感じるときは?

経理業務では、財務諸表の数値が一致した時がとても気持ちがいいです。数値のズレがどこから来ているかの原因を見つけたときが、経理をしていて面白いと感じる部分です。
また情報システムでの難しい点は、領域の広さや知らなければならない要素の複雑さと深さなどがあります。PCが壊れたといっても問題が起こる原因は様々です。簡単に解決できるものもあれば社内で対応できない問題もあり、毎回起こる事象が異なるため対応方法が同じものがないので難しいと感じることが多いです。

荒川 舞

Q3

業務上での印象深いエピソードを教えてください。

経理業務と情報システム業務の両方で、新規システムの導入を最初から最後まで携わり無事完遂したことです。
経理業務では、会計システムの入れ替え時の経理業務対応や社員の経費精算方法などのルールの変更対応などを行いました。情報システム業務では、社内ツールのシステム移行をベンダーと一緒に実施しました。どちらも導入当初は問題も多少ありましたが、特段大きな問題もなく経理・情報システムともに新システムへの移行ができたことは私の中でとても印象に残っております。

荒川 舞

Q4

これからの目標はありますか?

現在経理業務と情報システム業務を兼務しておりますが、今後も兼務しながらたくさんのことを吸収していきたいと思っています。
経理業務では、現在入れているシステムの活用や業務改善ができるようにしていきたいと思っております。いかに精度を保ちつつ、いかに効率化していけるかという業務の再構築に、全力でチャレンジしていきたいです。また情報システム業務では、変化が著しいIT分野において常に最新の幅広いIT知識をインプットし続けます。さらにシステムの維持管理だけでなく、様々な関係部署とコミュニケーションを取りながらIT分野における社内課題をキャッチアップして、解決方法を検討したり、新しいツールの導入を検討・提案するなど自らもアウトプットしていけるようにしたいと考えております。

PAGE TOP