【終了しました】MaaS時代の新しいカーシェアの形と社会課題解決実践例
~カーシェアはビジネスになるのか?徹底解説~

セミナーの主な内容

現在MaaSやカーシェアリングは、交通インフラとしての地域課題解決や観光地における回遊性向上の施策などによる利便性を高める効果だけではなく、低炭素社会の実現効果も高いと注目されています。また、既存事業への波及効果や社用車のコスト削減や有効活用、遊休資産の有効活用など事業や収益面でのメリットが多い点から、カーシェアリング市場は急速に成長しており、自動車メーカー、レンタカー会社をはじめ、デベロッパー、プロパティマネジメント事業者、宿泊事業者、行政などモビリティ業界に限らず様々な業界での導入が進められています。本セミナーは、「DXとモビリティ」「モビリティを取り巻く消費行動の変化」「環境問題への対応」といったワードを念頭に、最新のIoT技術を駆使したカーシェアリングの取り組み事例、様々なカーシェアリングサービスの活用法をご紹介するとともに、カーシェアリング事業を検討する際に必要な機能や環境なども併せて解説いたします。 アフターコロナに向けた経済活動として、また環境問題や少子高齢化や労働力人口減少が加速する国内市場において今後取り組むべきMaaSとは何なのか。このセミナーを通じて、皆様の事業展開において少しでもヒントになれば幸いです。

こんな方にオススメ

・自社がMaaSにおいてどのような取り組みができるのかを知りたい方 ・具体的にカーシェアリングの取組に興味のある方 ・最新のIoT技術に興味のある方 ・新たな遊休資産活用法を検討されている方

セミナー概要

  • 参加費:無料
  • 日時:5月28日(火)14:00~14:45
  • 先着人数:100人
  • 注意事項:同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。

セミナー参加の流れ

  • 専用フォームからセミナーに申し込んでください。
  • 開催日時までにWEBセミナーのURLを登録されたメールにお送りします。
  • 開始時間になったら、セミナーのURLにアクセスしてください。

終了しました

※セミナーの追加開催を準備中です。ご要望の方はお手数ですがそちらからご参加ください。

講師情報

立花 将太 (Tachibana Shota) 2012年WILLER ALLIANCE株式会社(現WILLER株式会社)へ入社。公共交通機関のWEB販売に向けた企画・営業、JAPAN BUS LINES協議会の設立などを歴任。 2017年株式会社ビズリーチへ人事クラウドサービスの事業企画として参画。サブスクリプションの事業モデル構築に従事。 2019年よりWillSmartにてモビリティ事業の立ち上げを行っている。
PAGE TOP