YKK APと共同開発した未来ドア「UPDATE GATE」を発表

2018.05.28

株式会社Will Smart(ウィルスマート 本社:東京都中央区、代表取締役社長:石井康弘 以下、Will Smart)は、YKK AP株式会社(以下、YKK AP)が発表しました未来ドア「UPDATE GATE」の開発パートナーとして、コンセプトメイクから未来ドアの製造開発、AIや顔認証の技術を活用したアプリの開発までトータルサポートを行ないました。

■未来ドア「UPDATE GATE」のスペック

■未来窓プロジェクトについて
Will SmartはYKK APの開発パートナーとして、建材の未来の可能性を追求する未来窓プロジェクト※1にて2017年6月に発表した「Window with Intelligence」から共同開発をしており、この度、商品化へ向けたフェーズとして窓からドアへと対象を移し、未来ドア「UPDATE GATE」を開発しました。
本製品は「通るたび、毎日をアップデート。」というコンセプトのもと、社会課題と向き合いながら、毎日をより便利にして、家族のコミュニケーションがより楽しくなるようにサポートしてくれる、そんなドアです。
ドアがエージェント(NTTドコモ AIエージェントAPIを利用※2)となり、出かける前に交通情報や天候情報など、家族一人ひとりに合った情報を伝えます。顔認証によって人を判別し、ドアを自動開閉する方法でのセキュリティ対策も可能となります。高齢者やペットの見守り、介護サービスや宅配業者とのやり取りなどの用途が考えられ、社会課題の解決にも貢献するドアです。
Will SmartはYKK APと共に「未来窓」と「未来ドア」の開発・実用化を進め、より豊かな新しい暮らし方を提案し実現していきます。

※1:未来窓プロジェクト
これからの建材の可能性を追求する取り組みとして、2016年4月にコンセプト・モデル「M.W.」(MODULE WINDOW)を発表してスタート。2017年6月には、より具現化した「Window with Intelligence」を公開。展示を通じて、さらなる情報収集や検討を進めています。
参考URL:http://module-window.jp/
参考URL:http://window-intelligence.jp/

※2:株式会社NTTドコモ
未来窓プロジェクトへの参画を通じて、コンセプト機の共同検討、開発に携わり「未来ドア」という先進性の高いデバイス上におけるサービスや通信の可能性検討を実施。今回は、未来ドアへ2017年6月23日発表の「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」における基本システムであるAIエージェントAPIを提供。AIエージェントAPIが家族との対話を通じて、一人ひとりの要望に的確に応えたサービスを提供します。
参考URL:https://www.nttdocomo.co.jp/

■一般体験について
YKK APショールーム新宿にて 4月26日から一般展示・体験スタート

お問い合わせ

Will Smart製品をご検討の法人のお客様、
ご利用中の製品に関する
お問い合わせなどを
受け付けております。

03-3527-2100

平日 10:00~18:30 受付

6月よりオフィスを移転しました。御来客の方はお手数をおかけしますが、
"企業情報"をご覧ください。