「e-Stand」機能拡充 建設キャリアアップシステムへ連携予定

2019.03.28

「e-Stand」は、株式会社MCデータプラスとパートナープログラム契約を締結し、「グリーンサイト」の通門管理デバイスとして利用可能となります。さらに、「グリーンサイト」が、建設キャリアアップシステム(以下、CCUS)の「就業履歴データ連携認定システム」として認定された際には、「e-Stand」で登録された「グリーンサイト」の入退場記録がCCUSの就業履歴情報として連携される予定です。

【e-Standとグリーンサイト連携】

「e-Stand」は、建設現場向けの働き方改革システム×ECビジネスのプラットフォームです。これまでの安全教育サービス、EC(Electronic Commerce・電子商取引)サービスに加え、「グリーンサイト」の通門デバイスとして利用することで、作業スタッフの入退場管理を行うことができます。「グリーンサイト」がCCUSの「就業履歴データ連携認定システム」として認定され次第、CCUSの就業履歴情報として連携可能となる予定です。
CCUSを建設現場に導入すると、現場管理の作業効率が見込まれ、作業スタッフの就労有無を記録することで、処遇改善にもつながります。さらに、「e-Stand」を建設現場に設置しグリーンサイトと連携することで、就労有無のみならず入退場時間の登録・蓄積も可能となります。CCUSの事業者ID・技能者IDをグリーンサイトに登録したうえで、「グリーンサイト」から発行されるQRコードをスマートフォンなどに表示し、「e-Stand」のリーダーにかざすことで入退場管理を行うことができます。今後は、虹彩認証システムの開発も進めており、なりすまし防止にも対応し、利便性・効率化だけでなくセキュリティ面の強化も進めていきます。

【e-Standバージョンアップ機能】

働き方改革が叫ばれている今日、CCUSの本運用が開始されると、作業所では就労履歴管理業務の効率化は重要な課題です。「e-Stand」は建設現場の共創プラットフォーム構築を目指しており、入退場管理の効率化はもちろんのこと、安全教育サービス、ECサービスを備えているため、現場監督・作業スタッフの負担を大きく軽減し、さらなる時間削減・生産性向上が可能となります。
安全教育サービスは、飛島建設グループと日建リース工業株式会社が取組み、各建設現場にあった新規入場者教育動画の作成、安全教育動画の提供、それぞれに適したサービスを実現しており、教育業務の準備、実務の効率化を実現し、時間削減につながります。
ECサービスはこれまでの個人向け対応に加え、4月より企業向けにも展開を広げ、請求書での支払いにも対応します。これまで現場監督が、電話で材料や道具の発注を行っていたものを、スマートフォンで発注することが可能となり、発注業務の時間削減につながります。
「e-Stand」の建設現場への展開は、日建リース工業株式会社とパートナーシップを締結しており、飛島建設グループの建設現場に設置するだけでなく、多くの建設現場で活用してもらうよう展開を拡大しています。今後は、作業スタッフの給料計算や賃金管理の仕組み構築、ECサービスでの建設資材の取り扱いも目指し、「e-Stand」のサービス・機能の拡充を継続的に行い、建設現場の生産性向上を担う共創プラットフォームを構築します。

【「グリーンサイト」について】

グリーンサイトは、株式会社MCデータプラスが提供する、労務・安全衛生に関する管理書類(通称「グリーンファイル」)を、クラウド上で簡単に作成・提出・確認できるサービスです。社会保険の加入状況も 簡単に把握することができ、現場のセキュリティレベルに応じた入退場管理を行うことができます。

●稼働プロジェクト数:約16,000現場
※2018年10月末時点

お問い合わせ

Will Smart製品をご検討の法人のお客様、
ご利用中の製品に関する
お問い合わせなどを
受け付けております。

03-3527-2100

平日 10:00~18:30 受付