AIを活用した乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」をリリースいたしました。

公共交通事業者に向けたAIを活用した乗降客カウントソリューションの第一弾としてバス事業者向けの「Customer Count AI」をリリース致しました。
■開発の背景
バス事業者を取り巻く市場環境については、人手不足を背景とした業務の効率化や運転手の確保・育成が喫緊の課題であるといわれています(注1)。特に、長時間労働、運転手の有効求人倍率の高さからも明らかなように(注2)、運転手の確保・育成に関する取り組みは非常に重要な位置づけになると考えられます。
他方、利用者に目を向けますと「混雑状況がわからず、バスを待ってはみたものの満員で乗車ができない」といった状況が発生しております。このような状況を鑑み、バス利用者に対する利便性の向上については、改善の余地がみられると考えられます。
このような市場環境の中、多くのバス事業者様より、業務の効率化や運転手の確保・育成及び利用者の利便性向上に関連した取り組みには、現在行っている人手を介した乗降客データの取得ではなく、より正確で継続的なリアルタイムの乗降客データの取得が必要になる旨のご意見を頂きました。
そこでWill Smartでは、このような課題を解決すべく、バス事業者を中心とした公共交通事業者向けに、乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」を開発、提供を開始しております。
■乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」について
<提供価値>
・乗降客数をカウントし、ダイヤ最適化や車両選定に資する情報としてご提供
・乗降客の属性データを取得し、マーケティングに活用可能
・混雑状況をリアルタイムで計測し、利用者の利便性を高める情報としてご提供
・混雑状況を把握することで、混雑を回避した乗車をサポート
<特徴>
・乗降客を95%~98%の高精度で測定可能(PoC時の自社調査による)
・マスクを着用している乗降客の属性分析も可能
・エッジ処理により、リアルタイムで測定可能
・画角の死活監視により、画角ずれ等の認識漏れを防止
・カスタマイズにより、バスロケーションシステムや音声合成システムとの連携が可能
・取得データをダッシュボード上に表示可能(オプション)
・自社開発画像処理コンピュータ(AI-BOX)により、比較的安価に導入が可能
・GPSを活用しバスの位置情報をリアルタイムに取得
・音声合成機器等との連携により、系統情報やバス停の情報を取得し、バス停間の乗降客数をより正確に把握することが可能(※バス車載機器との連携についてはメーカーによって対応可否が異なります。)
■応用範囲
乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」は、バス事業者以外の公共交通事業者はもとより、コンビニエンスストアやショッピングセンター等、店舗内外の消費者流動の計測や交通量調査に応用でき、商品の配置やリーシング、店舗開発等マーケティング領域へのご活用も想定しております。現在、Will Smartでは当該領域での利用を可能にするための準備を進めています。
■販売パートナーの募集
WillSmartでは、乗降客カウントソリューション「Customer Count AI」の販売パートナーを募集いたします。販売パートナーとしては下記のような事業会社を想定しております。
・バス事業者に対し音声合成システムやバスロケーションシステムを提供している事業会社
・バス事業者の車両の保守、メンテナンスを行っている事業会社
・交通量調査を請け負っている事業会社
・小売店等の店舗開発を支援している事業会社
注1:公益社団法人日本バス協会「2017年版(平成29年)日本のバス事業」
http://www.bus.or.jp/about/pdf/h29_busjigyo.pdf
注2:国土交通省平成30年10月11日「公共交通政策の現状と課題(資料1-2)」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000578731.pdf
■本件に関するお問い合わせについて
本ソリューションについて詳細なご案内をご希望の方や、販売パートナーの募集にご興味のある方は下記のフォームよりお問い合わせいただけますと幸いです。
-->
PAGE TOP