宮崎の移動を便利に!列車とバスの運行情報を1画面で表示する駅向けのデジタルサイネージを提供

 Will Smartは、九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)と宮崎交通株式会社(以下、宮崎交通)が共同で開発、宮崎県内の日豊本線の3駅(高鍋、日向新富、佐土原)の駅舎内に設置するデジタルサイネージについて、技術提供をいたしました。本サイネージは、2021年3月25日より運用を開始いたします。

■提供技術について
 Will Smartでは、JR九州の列車運行情報と宮崎交通のバス運行情報を統合するシステムおよびデジタルサイネージへの配信システムの技術を提供いたしました。これにより、同一モニター画面上で列車とバスの運行情報を提供するデジタルサイネージを実現いたしました。
▼デジタルサイネージ配信システムの詳細
 URL:https://willsmart.co.jp/service/digitalsignage/will-sign

■本件で設置されるデジタルサイネージについて
 列車とバスの乗り換えの場面などを中心にお客さまの利便性を向上させることを目的としてJR九州と宮崎交通が連携、本サイネージの導入にいたりました。
▼詳細は下記をご参照ください。
 「列車とバスの運行情報を提供する新しいデジタルサイネージを宮崎県内の3駅に設置します」(九州旅客鉄道株式会社報道発表資料)
 URL:https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/03/24/210324_maas_miyazaki.pdf

-->
PAGE TOP