デジタルサイネージのメリットと活用例

本ページはデジタルサイネージのメリット・活用方法についてご紹介します。基本情報としてデジタルサイネージの構成や二種類あるデジタルサイネージの違い(スタンドアローン型のデジタルサイネージとネットワーク型のデジタルサイネージ)に関するご紹介はコチラをご参考ください。

デジタルサイネージのメリット

情報の配信、更新が簡単

ポスターなどの紙媒体では、掲示場所の確保、撤去、さらにはキャンペーン毎の入れ替え等が非常に煩雑で、ポスターの貼り方によっては視認性や見栄えが悪い等の課題もありました。デジタルサイネージはひとつの画面に複数の情報を表示することができると同時に管理面での利便性が格段に増し、最新情報にすぐに更新が出来ます。 またhtml形式のコンテンツを映すことでホームページの更新が自動的にデジタルサイネージ側に更新される形となり、弊社のデジタルサイネージソリューションのウリの一つとなっております。

紙媒体では不可能な情報配信が可能

デジタルサイネージは画面が明るく鮮明なため、夜間など紙媒体の視認性が悪くなる場所でも情報の提供が可能です。 また、画面のスライドや、画面分割、動画での配信が可能となるため、情報量の多いコンテンツも場所を取らずに配信可能になります。それにともない、企業のブランディングや販促などの戦略の幅が飛躍的に広がります。特に有効な例が多言語コンテンツとなります。

場所を取らない

一般的にスペースは限られるため、省スペースが求められます。デジタルサイネージは紙媒体などと比べ、段違いに多くの情報を配信でき、取るスペースはそこまで増えないため、場所当たりで提供できる情報量が多い媒体という特長があります。

環境に合わせて情報配信が可能になる

ネットワーク型サイネージでは、ネットワークにつながっているため周囲の状況に合わせて即時で情報更新が可能となります。そのため、時間帯・天候・イベント等に応じた情報の切り替え等、周辺環境に合わせた、タイムリーな情報配信が可能です。 また、最近ではディスプレイと合わせてカメラをオプションで設置することで、人の年代、性別等に合わせて、画面を切り替える、one to one の情報配信を行う事例も増えています。

デジタルサイネージの活用例

上記で大まかなデジタルサイネージのメリットを紹介しましたが、施設ごとに活用方法が異なります。以下では導入施設ごとの代表的な課題、ニーズとデジタルサイネージの提供価値について紹介します。

商業施設

状況に合わせて適切な商品・施設情報を顧客に提供できるため、顧客の回遊性・満足度の向上を主に期待できます。 また、問い合わせなどによって従業員負担が多い施設の場合、デジタルサイネージに頻度が高い質問や施設情報を載せ、顧客自身の検索を促すことにより、問い合わせ削減効果が期待できます。

よくある課題、ニーズ

  • ・顧客の回遊性を高めたい、顧客単価を上げたい
  • ・インバウンド顧客に適切な情報提供をしたい
  • ・従業員負担を抑えたい
  • ・顧客のニーズを知りたい

提供価値

  • ・状況を踏まえた情報提供による顧客の購買活動の促進
  • ・多言語表示
  • ・ホームページとの連携による情報の自動更新※1
  • ・場所、よくある質問の検索機能による顧客の問い合わせ削減※2
  • ・ページ毎のタッチ数を基にした顧客の知りたい情報の把握※2

公共・交通施設

運行・施設情報の提供により問い合わせ削減・顧客満足度の向上に貢献することが出来ます。また、時期、観光客の属性に応じて観光情報を提供することで顧客の回遊性向上の効果も期待できます。

よくある課題、ニーズ

  • ・駅員・運転手の負担を減らしたい。
  • ・顧客に適切な運行、周辺施設、観光情報の提供をしたい。
  • ・緊急時に顧客に適切な情報を提供したい。

提供価値

  • ・場所、よくある質問の検索機能による顧客の問い合わせ削減※2
  • ・システムとの連携による運行情報の自動更新※3
  • ・時期を踏まえて観光情報を適宜配信可能
  • ・災害時向けの特別情報の配信が可能※4

オフィス

会社、従業員の情報提供を目的として導入されます。会社、部などの目標や理念の浸透や従業員間の関係強化、モチベーション向上などの効果が期待できます。

よくある課題、ニーズ

  • ・理念、各種KPIを浸透させたい。見える化したい。
  • ・部内の仲間の興味、強みなどが知りたい。
  • ・お知らせ、イベントを伝わりやすい形で連絡がしたい。

提供価値

  • ・パワーポイントの報告資料をそのまま利用して配信可能
  • ・パワーポイントの資料を一部差し換えるのみで従業員、お知らせ、イベント情報を配信可能

ホテル・貸会議室・役所

来場者向けに部屋ごとの開催イベント情報を提供する用途で主に使われます。また別途、会議室の予約システムとカスタマイズして連携することで予約システムへの登録をした際に自動的にイベント情報をスケジュールに合わせて配信することも出来ます。

よくある課題、ニーズ

  • ・来場者向けに部屋ごとの開催イベント情報を提供したい。
  • ・開催イベント情報の提供を最小限の業務で実現したい。
  • ・来場者の回遊性を高めたい。

提供価値

  • ・部屋、スケジュールに合わせてイベント情報を提供可能
  • ・時期に合わせて施設、イベント情報を提供可能

マンション

住民向けにイベント、お知らせ情報を提供することに加え、管理会社と住民の接点として利用することが可能です。例えば、設備改善などに関する意見集約、伝達は従来は紙媒体のみでしたが、アンケートページを作成し、タッチ型サイネージにタッチして答える、結果を知らせるなどが可能になり、管理会社側の負担減に主に貢献します。


よくある課題、ニーズ

  • ・住民にイベント、お知らせ情報を提供したい。
  • ・管理会社の負担を抑えつつ、住民との接点を維持したい

提供価値

  • ・イベント、お知らせ情報を少ない業務で適宜提供可能
  • ・紙媒体で手間がかかっていた対住民の業務を削減可能※2

※1 ネットワーク型のデジタルサイネージでのみ可能な提供価値となります。

※2 タッチ対応型(インタラクティブ型)のデジタルサイネージでのみ可能な提供価値となります。

※3 システム連携には通常、専用のカスタマイズが必要となります。

※4 災害情報の配信に自動的に切り替えることを要望する場合、外部システムと連携が必要になります。

電話でのお問い合わせも以下で受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

03-3527-2100

平日 10:00~18:30 受付