ミツカルクラウドの特長、製品比較、価格表

遺失物管理システム“ミツカルクラウド”についてご紹介します。

ミツカルクラウドの概要

ミツカルクラウドは、特に駅や営業所毎で忘れ物・落とし物を管理している交通事業者様にとって導入メリットが大きいです。

拠点間にまたがる忘れ物・落とし物管理機能

複数拠点をまたいだ忘れ物・落とし物の管理機能(登録、拠点間移動、検索)が充実しているため、複数拠点で忘れ物・落とし物を管理するのに向いております。

簡単運用、カスタマイズが自由

タブレットで簡単に忘れ物・落とし物を管理できることに加え、運用に合わせて外部システムとの連携余地を大きく残しているため、お客様の体制に合わせて柔軟に忘れ物の登録・管理が出来ます。

優れたコストパフォーマンス

特に交通事業者様に向けた機能を過不足なく入れながら安い導入、月額費用を実現しました。

製品比較

ミツカルクラウドは特に拠点間管理、運用・カスタマイズの柔軟性、コストパフォーマンスに強みがあります。詳細製品比較は以下をご参考ください。


一般的な遺失物管理システムと比較したミツカルクラウドの強み

比較観点 ミツカルクラウド 一般的な遺失物管理システム
拠点間にまたがる忘れ物・落とし物管理 機能が充実している 通常機能が無く、カスタマイズが必要なことが多い
コストパフォーマンス 特に複数拠点による忘れ物・落とし物の管理機能に対するコストパフォーマンスが高い 機能と価格で二者択一を迫られる場合が多い
操作性 簡単に登録、管理が可能 業務システムに近い管理画面であることが多く、操作に習熟な場合が多い
使用デバイスへの依存 PC、タブレット、スマートフォンなどネットワーク環境があればすべてのデバイスで使用可能 × PCでの登録・管理に特化しており、他のデバイスの使用を想定していない製品が主
導入スピード クラウド型サービスのため1~1.5ヵ月で導入することが可能 一般的に3か月以上必要
落とし主による照会 簡単な初期設定をすることによって落とし主様自身が忘れ物の検索、照会を行うことが可能 通常機能にはなく、カスタマイズが必要なケースが多い

ミツカルクラウド

比較観点
拠点間忘れ物・落とし物管理 機能が充実している
コストパフォーマンス 特に複数拠点による忘れ物・落とし物の管理機能に対するコストパフォーマンスが高い
操作性 簡単に登録、管理が可能
使用デバイスへの依存 PC、タブレット、スマートフォンなどネットワーク環境があればすべてのデバイスで使用可能
導入スピード クラウド型サービスのため1~1.5ヵ月で導入することが可能
落とし主による照会 簡単な初期設定をすることによって落とし主様自身が忘れ物の検索、照会を行うことが可能

一般的な遺失物管理システム

比較観点
拠点間忘れ物・落とし物管理 通常機能にはなく、カスタマイズが必要なことが多い
コストパフォーマンス 機能と価格で二者択一を迫られる場合が多い
操作性 業務システムに近い管理画面であることが多く、操作に習熟な場合が多い
使用デバイスへの依存 × PCでの登録・管理に特化しており、他のデバイスの使用を想定していない製品が主
導入スピード 一般的に3か月以上必要
落とし主による照会 通常機能にはなく、カスタマイズが必要なケースが多い

価格表

初期導入費用

500,000円

月額利用料

120,000円/月

カスタマイズ

別途ご相談

電話でのお問い合わせも以下で受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

03-3527-2100

平日 10:00~18:30 受付