AI画像認識を活用した通行量・交通量調査

交通量・通行量調査における課題とは

行政では渋滞や事故などの問題解消を目的として、民間では店舗出店や、マーケティング活動の検討材料として実施されることが多い交通量・通行量調査。
本調査は現在人力で行う調査方法が主流ですが、精度が不明確であることや働き手が不足していることなどの課題があります。 そこで、近年技術の発展が進んでいる画像認識AIを活用した調査方法に注目が集まっています。

①作業員の時給や募集に関わる費用が高額化している

②作業員によりカウント精度にばらつきが生じている

③人の拘束時間に限界があるため、長時間の計測データが不足している

Will Smartの通行量・交通量調査システム
~品質の高さと調査業務効率を両立!

AI画像認識技術やIoTを駆使したWill Smartの通行量・交通量調査ソリューションは、通行量・交通量調査を手軽に低コストで実施することが可能です。
高い精度で車両のカウントを行うことに加え、ナンバーの認識や車種の検知、進行方向も検知することができます。
またレンタルモデルも存在するため一時的な定点調査にも活用いただけます。

ナンバーの認識

ナンバーの識別が可能なため、より細かな通行車両の認識が可能です。

進行方向を検知

交差点などにおける車両の進行方向を検知およびカウントすることができます。

長時間計測を低コストで実現

人手では難しい長時間のデータ収集を低コストで可能になります。

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求

PAGE TOP