ウィズコロナ時代の役所に求められるAIカメラソリューションのご紹介

ウィズコロナ時代、不特定多数の地域住民が集う役所は職員と来館者の接触を極力避け、感染拡大防止対策が必要になります。
また、深刻化する働き手不足に備え、業務を効率化することも必要です。
両者は同様に、人がやるべき作業を最小限に抑えAIなどのテクノロジーに置き換えることが有効と言われています。

一方で導入にあってはハードルが多々あります。
解決すべき課題に対する最適で合理的なテクノロジーが何か、その選定は困難です。

自治体におけるウィズコロナ時代の業務効率に向けた課題とは

①フロアごとや窓口ごとの混雑状況を可視化したい

②不審な行動をとる来館者をいち早く検知したい

③AIの導入および活用についてトータルでサポートを受けたい

Will Smartが提案するAIソリューション
「Will-AI」

コロナウイルス感染対策や、働き手不足を見据えた業務効率化にAIカメラをご提案します。
たとえば館内の混雑状況をAIカメラで検知して可視化することができますし、人の代わりに館内の不審者、急病人などを検知することもできます。

弊社ではご要望のヒアリングから開発および設置・保守、導入後の効果検証までトータルでサポートいたします。

特長①
館内の混雑データを可視化

館内で混雑しているエリアや窓口のデータを収集し、統計データとして可視化します。
たとえば館内サイネージやスマホで地域住民が閲覧できるようにすることも可能です。

特長②
館内の不審者や急病人の検知

館内の不審者や急病で倒れている人、介助が必要な人を検知し職員に通知します。

特長③
ワンストップでのサービス提供

ご要望のヒアリングに加え、導入から運用までワンストップで対応します。
・ご要望のヒアリング
・最適なハードウェアの選定
・ご要望に合わせたシステム開発
・保守
・導入後の効果検証、改善提案

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

PAGE TOP