AIカメラで検知する物流倉庫内のさまざまな危険

物流倉庫内で発生するさまざまな事故

物流倉庫の現場では長年にわたり事故が減らないことが深刻な課題となっています。
たとえば積荷の崩落やフォークリフトでの貨物の破損・汚損リスクがあり、信用低下につながりかねません。
また従業員がケガをした場合には補償や追加スタッフの採用コストが発生するため、事故防止に向けた早期の対策が必要な課題です。

①荷物の整理整頓状況を監視したい。

②把握や荷崩れの検知、特定の危険物の監視で事故を防ぎたい。

③各作業員の倉庫内行動を把握し、業務改善につなげたい

検討が進む物流倉庫施設向けのAIカメラソリューションとその課題

人がこれまで行ってきた安全対策について、近年、AIカメラが代わりに物体や人の状態の異常を検知することで、安全対策や業務効率化に活用する動きが盛んになっています。
人の代わりになるため、働き手不足対策として有効な手段とされています。

一方で、導入に向けて解決すべき課題は多く、進め方がわからないために検討が遅れるケースGa多々あります。
自社の解決すべき課題を理解し、かつ解決に向けてどの技術要素を組み合わせればよいかの理解ができるパートナーを見つけ出すことが重要になります。

Will SmartのAIカメラソリューション「Will-AI」が物流倉庫内の危険を事前に検知します。

Will SmartではAIカメラを活用した人や物体の状態検知を行うソリューションを構築しています。
たとえば荷物が崩壊しそうな状態にある場合や人が危険な状態にある場合をいち早く察知するソリューションの検討が可能です。
また、察知した情報をもとにアラートを出したり、機器を制御したりとご要望に応じた安全対策に向けた開発を進めることができます。

①荷物の状態監視

・荷物の整理状況の監視
・荷崩れの検知
・危険物の状態監視

②作業員の倉庫内の位置情報把握と導線分析

・各作業員の倉庫内の導線を分析し作業効率化の検討する
・特定エリアにおける作業員の「蜜」状態の把握

③作業員の危険検知

・危険エリアへの侵入
・高所作業等の危険な状態の検知

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求

PAGE TOP