薬局向けディスプレイソリューション

ポストコロナ時代の薬局の感染症対策

新型コロナウイルスの影響により、薬局では店内の混雑を回避することが求めらてれおり、実際に薬局を訪れるお客様が感染リスクを避け、店内の待合室ではなく、店外の車や店の前で待っている状況が増えてきています。一方で、店内にお客様が待機していないことにより、口頭でお客様をご案内している店舗では、お客様が順番に気づかないといった問題が起きていると伺います。こうした状況から、これからのポストコロナ時代の薬局では、新型コロナウイルス感染拡大の対策として薬局内の混雑を避け、お客様が長時間店内に待機しなくてもスムーズなご案内が実現できるように事前予約やディスプレイでの掲示等を用いて随時、適切な情報を伝えることが求められています。

Will Smartが提案する
薬局向けディスプレイソリューションとは?

薬局向けディスプレイソリューションでは、順番管理システムとの連携により(※)、呼び出し順番を店内のディスプレイに表示させたり、健康や販売促進に関する情報提供を行うことが出来ます。また必要に応じて地震や台風などの災害情報や鉄道運行情報などのお役立ち情報をディスプレイに表示させることが出来ます。
※他社の順番管理システムとの連携可否について確認が必要となります。

こんな課題はありませんか

  • 遠隔でお客様をお呼び出しできる仕組みを導入したい
  • マスクの着用など感染症対策の注意喚起を行いたい
  • 手間がかからない方法で商品の販促がしたい

Will Smartの薬局向け
ディスプレイソリューションでできること

お呼び出しの効率化

薬局内での掲示に加え、ウェブサイトでの掲載によってスマートフォンを通じてお客様がどこにいても待ち情報を確認できるようになります。
※他社システムとの連携が必要な可能性があります。

注意喚起情報の掲示

感染症対策情報など大量にポスターを張らなくても1か所で複数の注意喚起が可能です。また、複数店舗に同一の内容を一括配信することも可能です。

商品の販促

簡単な操作で販促情報を配信できます。一つの拠点から複数店舗に一括配信も可能です。

保険薬局の感染防止対策に関する補助金情報

厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業」により、保険薬局での感染拡大防止の取り組みに対して、上限70万円としてかかった費用の一部が補助される可能性があります。

■補助対象の取り組み例

  • 共通して触れる部分の定期的・頻回な清拭・消毒等の環境整備行う
  • 発熱等の症状を有する新型コロナ疑い患者とその他の患者が混在しないよう、動線の確保やレイアウト変更、薬剤交付順の工夫等を行う
  • 電話等情報通信機器を用いた服薬指導や薬剤交付等ができる体制を確保する
  • 薬局内の混雑を生じさせないよう事前の予約や掲示等を行い、患者に適切な薬局内での対応を周知し協力を求める
  • 感染防止のための個人防護具等を確保する
  • 医療従事者の院内感染防止対策(研修、健康管理等)を行う

■参照

  • 厚生労働省:「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施について」
  • URL:https://www.mhlw.go.jp/content/000648024.pdf

※新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関する補助金については審査があり、申請が認められた場合のみ補助金が交付されます。当該支援事業の詳細については厚生労働省HP及び各自治体の案内等でご確認ください。

・参考URL

  • https://www.mhlw.go.jp(厚生労働省HP)
  • https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12594.html(「医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援」各都道府県へのリンク)

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求

PAGE TOP