ウィズコロナ時代に求められるバス・公共交通機関の混雑度のリアルタイムな可視化

コロナウイルスの感染拡大により接触感染や飛沫感染などのリスクが懸念される中、バス・公共交通事業者においても車内での感染拡大防止対策を講じることが求められています。
その対策の1つとして、車内混雑度をリアルタイムに利用者に伝えることで混雑緩和や利用分散を平準化させる事も有効とされています。
国土交通省においては、上記対策についてシステム導入の検討会を実施したり、補助金を給付するなどの動きがあります。

①コロナ感染防止策として、「密」になりやすいバスや鉄道などの混雑を回避する人が多い。

②ニューノーマル時代を見据えた継続的な感染防止への取り組みが求められる

③鉄道やバスのリアルタイムな混雑状況の可視化対策について国土交通省が検討している

 

バス車内の混雑度を可視化する
「Customer Count for BUS」

Will Smartが提供する「Customer Count for BUS」は車内設置したAIカメラで車内の混雑度を見える化するソリューションです。
混雑度は様々な形で、スマホサイトやアプリ、デジタルサイネージなどに表示させることができます。

①ワンストップでのサービス提供

ご要望のヒアリングに加え、車内への導入検討から運用までワンストップで対応します。

・ご要望のヒアリング
・最適なハードウェアの選定
・ご要望に合わせたシステム開発
・保守
・導入後の効果検証、改善提案
・導入後の効果検証、改善提案

②収集したデータの活用サポート

取得したデータを見える化し、お客様への掲出に加え、ダイヤ改正やマーケティングへの活用をサポートいたします。

迅速かつ低コストでの導入

IT機器全般に関する知見、および国内外に提供ベンダーのネットワークを保持しているため、低価格で必要十分な性能を持つ外国製の製品も適切に組み合わせた提案をすることができます。

AIソリューションの詳細を見る

※本ページは当社製品についての参考情報となります。実際の製品仕様や価格、導入ステップはご要望に合わせてご提案させていただきます。

「Customer Count for BUS」の詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求

PAGE TOP