モビリティシステムパッケージ

トップ > ソリューション > モビリティサービス分野 > モビリティシステムパッケージ

『モビリティシステムパッケージ』は、カーシェアリング事業を始める方に必要な機能・システム・機器類を揃えたパッケージサービスです。

3つの特徴

カーシェアビジネスを始めるために必要なハードウェア・ソフトウェアを1つのパッケージでご提供。少ない初期投資コストで、素早くカーシェアを始められます。

EV(電気自動車)とガソリン車の両方に対応。EVを活用した脱炭素カーシェアビジネスが可能です。

ホワイトラベルでご提供しているため、貴社ブランドでのビジネス展開を実現。ビジネスモデルに合わせたカスタマイズも可能です。

システム機能一覧

カーシェアリングビジネスを始めるために必要な機能やシステムが揃っています。

ユーザーアプリ機能

会員登録
利用者の会員情報を登録。登録後は管理者に通知が届きます。

利用予約
車両の検索・予約・キャンセル・予約変更がアプリで完結。

スマートキー機能
アプリで車両の開施錠が可能。

お問い合わせ機能
テキストまたは電話で事業者にお問い合わせが可能。

管理画面機能

管理者アカウントは複数発行が可能。権限を限定したアカウントを管理箇所ごとに用意できます。

遠隔車両管理
車両データや位置情報をリアルタイムに把握。ドアの開施錠などの簡易的な制御も可能。

予約管理
予約状況の把握や予約変更、キャンセル、延長操作も可能。

カード決済管理機能
決済代行会社と連携し、PCIDSSに準拠したクレジットカード決済システムを装備。管理画面から払戻し手続きが可能。

車両異常検知
盗難のおそれや整備が必要な場合など、車両の異常を検知して管理者に通知。

法人管理
個人会員だけではなく、法人契約に必要な法人ユーザー情報の管理が可能。

主なハードウェア

キーボックス
カーシェア利用中に使用する車両キーを保管するボックス。音声機能で利用者への各種案内が可能。

タッチキーパット(オプション)
アプリで表示するワンタイムパスワードで車両の開施錠が可能。

車載機器
燃料・バッテリーの残量や走行中の位置情報などのデータ取得及び車両制御をする車載器です。

導入事例

よくあるご質問

Q

個人事業主としてサービスを利用できますか?

A
大変恐れ入りますが、法人事業者への提供に限らせて頂いております。その理由は、本サービスはカーシェアシステムの提供であり、本サービスをご活用頂く場合、事業規模にも拠りますが本システムの他、コールセンターや車両メンテナンス体制、保険などをご用意する必要があり、個人の場合、費用・規模ともにマッチしないものとなるためです。
なお、個人で所有する車両を登録し不特定多数の利用者とシェアリングする個人間カーシェアのプラットフォームは他社様が展開しておりますので、そちらをご利用ください。
Q

既に保有している公用車を使ってカーシェアを始められますか?

A
可能です。本システムには適用済車種と未適用車種があり、未適用車種の場合でも適用作業を行うことで利用可能となります(車種の年代・型式などにより適用できない場合もございます)。利用の可否や代替案についてお答えいたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
Q

電気自動車(EV)のデータの活用を検討しています。どのようなデータが取得できますか?

A
「走行用バッテリー残量(SoC)」や「充電中か否か」など電気自動車特有のデータを各種取得しております。詳しくはお問い合わせください。
Q

既にあるアプリ・システムへのカーシェア機能の実装を検討しています。API連携はできますか?

A
可能です。またその実績もございます。お気軽にご相談ください。

【(株)REXEV様への提供事例】 【ENEOSホールディングス(株)様への提供事例】※1 欄外リンク先参照
Q

オリジナルブランドでカーシェアを始めたいです。システム開発からできますか?

A
可能です。提供パターンとしては2通りあり、1つは完全にフルスクラッチで新規開発するもの、もう1つは本システムの機能はそのままに、貴社ブランドのユーザーアプリを新規に立ち上げるものとなります。2通りとも実績がございますので、お気軽にご相談ください。

フルスクラッチ開発:【事例公開準備中】※2
Will-MoBiホワイトラベル:【(株)エネクスライフサービス様への提供事例】※3 欄外リンク先参照

※1 (株)REXEV様への提供事例はこちら ENEOSホールディングス(株)様への提供事例はこちら
※2 フルスクラッチ開発:【事例公開準備中】
※3 Will-MoBiホワイトラベル:(株)エネクスライフサービス様への提供事例はこちら

カーシェアリング事業の活用シーン

お客様のビジネスニーズに対応した様々な活用方法を提案します

駐車場を活かしてカーシェア事業に参入

既存の駐車場ネットワークを車のステーションとして幅広く展開することで、駐車場事業に加えた新たな収益の柱として期待できます。

レンタカービジネスの無人化

車両に本システムを搭載して貸出業務を無人化。省人化や営業時間外のユーザーの獲得が期待できます。

不動産の付加価値向上

マンションやホテルでは居住者限定で、オフィスビルでは入居企業限定で車両を貸し出すコミュニティカーシェア。不動産のさらなる付加価値向上が期待できます。

休日の社用車を活用

アプリで社用車の鍵や予約を管理。効率運用に加えて、営業時間外は社員に有償で貸し出したり、近隣のユーザーに貸し出したりすることで、車両の維持負担低減も期待できます。

環境に配慮した脱炭素カーシェアを展開

従来のガソリン車ではなくEV(電気自動車)をカーシェアで活用することで、観光地などで環境に配慮した、脱炭素ビジネスが展開できます。

需要が多い地域での新規事業

駅や商業施設、観光地のラストワンマイル等、車利用の需要が多い地域での新規事業立ち上げをスムーズに展開することが可能です。

モビリティ事業に関するお悩みの解消、お手伝いします。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。

03-3527-2100

(平日10:00~18:00)