少人数でバスターミナル運営を実現!バスダイヤ管理システムのご紹介

複雑化するバスターミナルのバスダイヤ管理業務

昨今の働き手不足の状況において、少ない人数で運用を可能にするための業務効率化がバスをはじめとする公共交通にも求められます。
バスターミナルの運営会社も同様であり、交通結節点としての利便性を維持しつつも効率的な運営が必要です。
とりわけ複数のバス会社が乗り入れするバスターミナルにおいては、バス会社ごとに別システムでダイヤ管理されていることから管理業務が煩雑となっています。

①複数のバス会社のダイヤ管理が業務負荷となっている

②ターミナル利用者へのバス運行情報やバス接近情報の案内業務を効率化したい

③運行ダイヤの乱れに合わせてリアルタイムな発着情報配信を行いたい

大型のバスターミナルで採用されるバスダイヤ管理システムだが、課題もある。

在京の大型のバスターミナルでは、複数のバス会社のダイヤを管理するシステムが構築されています。
各バス会社のダイヤ情報を統合し一元管理することができる点で業務効率化を図ることができます。
しかし一方で、全国の大小さまざまなバスターミナルが同様のシステムを導入するにはハードルがあります。
導入費用が高額である点やオペレーション合わせたカスタマイズが困難な点から、必ずしも最適な選択ではないという声があります。

柔軟性や拡張性に特徴がある
Will Smartのバスダイヤ管理システム

弊社が構築しているバスターミナル用ダイヤ管理システムは、複数のバス会社が乗り入れするバスターミナル用に構築したシステムになります。
拡張性に特徴があり、バスターミナルごとの運用に合わせたカスタマイズで長く業務効率化に寄与するシステムとなっています。
福岡のHEARTSバスステーション博多や羽田空港のバス乗り場など様々な場所でご確認いただけます。

①複数のバス会社のダイヤ情報を統合

複数のバス会社のダイヤ情報を統合して一元管理を行います。

・1つのシステムで複数のバス会社のダイヤ情報を一元管理
・お客様への発着情報の一覧表示

②システムの拡張性

業務オペレーションやご予算、納期に合わせて柔軟にシステムのカスタマイズを行います

・管理業務の効率化
・利用場所に合わせた柔軟な表示
・ご予算や納期に合わせた提案

③導入に向けたトータルサポート

導入にまつわるさまざまな事項をトータルでサポートいたします。

・課題ヒアリング、要件調整
・設置環境や予算に合わせたデジタルサイネージなどのハードウェアの調達
・ハードウェアの設置

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求 

PAGE TOP