訪日外国人への異常運行情報表示を多機能・低価格で実現する鉄道やバス向けシステムのご紹介

主要駅および観光駅を中心に、訪日外国人客増加に備えた多言語の運行情報配信のニーズがありますが、一方で翻訳業務負荷の大きさが課題となっています。
異常運行が発生した際には、日本語の異常運行情報を翻訳するために翻訳担当が常時スタンバイをしておく必要があります。
また翻訳作業および配信許可のために異常運行情報から発信までのタイムラグが発生します。

ニーズが高まる訪日外国人への異常運行情報配信

①異常運行情報の翻訳作業の業務負荷

②現状の業務フローでは発信に時間がかかる

③異常運行情報表示に多額の費用はかけられない

AI自動翻訳での運用が検討される
多言語異常運行情報配信だが、
実現には課題がある。

外国人利用客の利便性向上を目的として、異常運行情報をAIが多言語に自動翻訳してアナウンスする仕組みの検討が進められています。
多岐にわたる異常運行情報のアナウンス内容を、表現豊かに伝えようという取り組みです。
しかし、AI自動翻訳にはまだその精度の低さと価格の高さに課題があります。
日本語特有の微妙なニュアンスをくみ取れるようになるにはまだ時間を要すると言われていますし、その学習をさせるには多額の費用が必要になります。
異常運行情報のアナウンスにおいては、誤った案内をした場合の影響の大きさからも導入には慎重になる必要があります。

Will Smartの鉄道向け「多言語翻訳システム」で業務負荷軽減とサービス向上を低価格で実現!

Will Smartの多言語翻訳システムは、AI自動翻訳を活用せずに高い精度で多言語の異常運行情報を配信するシステムです。
予め登録した多言語運行情報を、異常運行情報発生時に配信します。
つど翻訳したりその内容を精査する必要がないため業務負荷が軽減されることと、リアルタイムな情報配信が可能になります。
またシンプルなシステムのため、導⼊時のコストを抑えられるほか、他システムとの連携も柔軟に⾏うことも可能です。
拡張性としてホームページへの配信に加え、スマホサイト、デジタルサイネージ、TwitterなどSNSへの配信があります。

①省人化

異常運行情報の発生に備えて翻訳作業を行うスタッフや確認する責任者を待機させる必要がなくなります

②リアルタイムな情報配信

あらかじめ登録した情報を配信するため、翻訳作業や翻訳内容確認の作業を省くことができます

③導入しやすさ

・初期導入費用は抑えつつ月の利用料を用途に応じて柔軟に選択いただけます。
・価格重視や機能重視、既存システムとの連携などさまざまなプランをご用意しています。

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求

PAGE TOP