ICデータや乗降データなど異なる複数データを
直感的にわかりやすく可視化。

高度なデータ分析を簡単に実現し、
ダイヤ改正などに様々なデータを活用できます。




資料請求・お問い合わせ

こんな課題はありませんか?

✔ICデータや乗降データ、GTFSなど
 異なる形式のデータをダイヤ改正に活用したい

✔他社のデータや天気予報などのデータとも連携したい

✔データ分析システムの導入は難しそう

こうしたデータ活用の課題、
バスダイヤ統合分析サービスで解決します!

異なる形式のデータを統合・分析

時刻表、バス停・駅別の乗降データと交通量、OD表など形式の異なる様々なデータを統合し、比較、分析、集計します。
地域の複数のバス会社や鉄道会社のデータの統合・分析にも対応可能です。

様々なデータと連携できる拡張性

クラウドでシステム構築するため、地域情報、天気予報、人口データなど他データとの連携、遅延分析の実施や複数社のデータの統合など、様々な条件でカスタマイズすることができます。

データ活用のトータルサポート

データが不足する場合のデータ収集やデータを活用する分析基盤の構築からデータ分析、その後の効果検証まで、お客様のデータ活用をサポートします。また、クラウドでシステムを構築するため比較的低コストでの導入も可能です。

バスダイヤ統合分析サービスの提供機能

■提供機能一覧

・データ取込

<取込データ一例>
交通系ICカード/GTFS-JP/バスロケデータ/社内システムデータ/人流データ

・データ統合

取込データを扱うための機能。
形式の異なるデータの加工処理・名寄せ、ICデータの収入計算を実施。
データの統合をシステムで実施することで、データの分析に時間をかけることができます。

・データ分析・可視化

ご要望に応じて新たなダッシュボードの構築も可能です。
<可視化できるデータ一例>
停留所別運送収入およびOD表/遅延実績/便ごとの車内滞留人員/深掘分析 等

イメージ① 乗降データ
イメージ② 深堀データ

導入までの流れ

ご予算や既存のデータ有無、目的などに合わせて、お客様に最適なデータ活用をご提案します。

よくあるご質問

Q.交通機関特有の特殊なデータがかなりあるのですが対応可能ですか?
A.交通業界出身のスタッフや、導入経験豊富なスタッフが対応いたします。各種交通業界特有の用語も理解しているため、スムーズなコミュニケーションも可能です。

Q.Will Smartで独自で開発したシステムですか?
A.既存のサービスを組み合わせたソリューションとなっております。データ基盤はAWSやGCP(Google Cloud Platform)、BIツールはtableauやGoogle Data Studioなどを活用しています。そのため、新規での開発と比較し、導入やカスタマイズが低コストで可能です。

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらにて受け付けております。
「まずはデモ画面を見てみたい」、「試験的に使ってみたい」といったご相談もお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP