ワンソースマルチユースで業務効率の最大化を実現!

2016年9月~福岡地所株式会社様の運営するキャナルシティ様に設置されました。

導入の背景

キャナルシティ博多様では、頻繁にイベントが開催されるため、Webサイトやサイネージの更新作業が大きな負荷となっていました。 そのためイベントやセールの告知力向上と、業務効率化の両立を目指して、導入検討が進みました。

導入効果

1,ワンソースマルチユース

Webによる集客とサイネージによる館内回遊促進を目的として、リニューアルを行いました。
インバウンド対応のNo.1ショッピングモールとして、日・英・中(簡体/繁体)・韓の5ヶ国語に対応しています。
「ワンソース・マルチユース」をキーコンセプトに、館内サイネージとWebサイトに表示するデータを一元管理するCMSを構築し、運用負荷軽減と同時に、リアルタイムな情報の発信に貢献しました。

2,館内ナビゲーション

サイネージによる館内回遊促進を目的として、リニューアルを行いました。
例えば、お客様がタッチサイネージで検索した店舗への行き方や詳細情報、その他イベント情報などの結果をお客様のスマートフォンにも簡単に取り込むことができるようにしています。
PAGE TOP