来館者の接触を回避しつつ有益な情報を発信する官公庁のサイネージ活用法

官公庁の窓口で求められるデジタルを活用した三密回避

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、官公庁や公共施設での「3密」 を回避するための入館規制や、館内でのソーシャルディスタンスの確保、マスク着用の徹底等が大きな課題となっています。
諸外国のようなオーバーシュート、ロックダウンを回避するための対策を属人的な方法だけで進めるには現場の負担が大きく、中長期的に対策をし続けることは大変困難です。そこで各所において「デジタルサイネージ」を活用したニーズが高まっています。

①来館者の利便性向上のために窓口受付番号案内表示したい

②コロナ感染拡大を防止するために、動画や静止画を活用した注意喚起を行いたい

③デジタルサイネージの導入費用を抑えたい

窓口受付番号案内表示と各種案内を1画面に集約する、次世代型デジタルサイネージ
「Will-Sign for BRAVIAアドバンス」

次世代型デジタルサイネージ「Will-Sign for BRAVIA アドバンス with ボイスコールNEO」は、役所等の窓口対応を効率的に行うために必要な窓口受付番号案内表示と各種案内を1画面に表示することができます。
館内待合室などでの接触感染のリスク削減が可能です。また非対面コミュニケーションを実現することで、人員不足改善、受付番号の表示や混雑状況の共有など大画面で表示することができます。さらに館内の状況に応じたシステム構成をカスタマイズし、複数のディスプレイでの配信・放映が可能です。同一コンテンツ・別コンテンツどちらでも対応可能ですので、配信プログラムや設置場所等、柔軟に設計できます。
※明光商会のボイスコールとの連携が必要です。

①画面分割で受付案内

1つの画面を分割して複数のコンテンツを表示できるシステムをご提供します。2画面配置、3画面配置などお客様のご要望に応じたマルチ画面を構成することが可能です。

②高精細だからわかりやすい

大画面で緻密な映像や文字をしっかりと表示する4K高画質。ダイナミックな映像のスケール感を余すところなく伝え、細かな文字や質感も鮮明に再現します。

③トータルサポート

導入にまつわるさまざまな手配をトータルでサポートいたします。
・課題ヒアリング、要件調整
・利用用途や予算に合わせたハードウェアの調達
・設置や保守

詳細に関するお問い合わせ

関連資料のご依頼や、サービスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求 

PAGE TOP